♡YouTube も是非チェックしてね♡

カナダで足の裏に出来たホクロを取ってきた【カナダアルバータ州在住アラサー日韓夫婦】

mole

 

 

 

よろぶん、あんにょん!カナダ在住 日韓カップルのあじゃぬです

前回の投稿からかなりの歳月が経っていました、なんと10ヶ月近くも。時間が経つのがあっという間過ぎて時の流れの早さに驚いています。前回の記事でコロナについて話しましたが、10ヶ月経った現在でも感染者数がさほど変わっていない、むしろ悪化しています。今年こそは状況が良い方向に変わってほしいものです!

さて、今日はタイトルにも書いてあるようにカナダの病院で足の裏に出来たホクロを取ってきました

 

ホクロ除去までの流れ

まずは分かりやすくタイムラインを記そうと思います。

ホクロ除去までの流れ

10月頃に足の裏にホクロがあるのを発見。正直いつからあったかは不明

大きさの変化がないか定期的に写真とサイズを測っておくことに

11月半ば 母から早く検査に行けと催促を受け、皮膚科に予約

12月半ば 予約していた皮膚科に受診

1月 前回の皮膚科で紹介を受けた形成外科から連絡があり、予約

2月 予約していた形成外科に受診して、ホクロ除去の手術日程を決める

2月 ホクロ除去して現在に至る

3月に抜糸する予定

ホクロを発見

大体10月に入ったくらいに足の裏にホクロがあるのを発見しました。

足の裏にほとんど注意を払っていなかったので、見つけた時は「え?いつの間にこんなところにホクロ出来てたの」って感じで驚きました。ただずっと気づかずに、もっと前からあった可能性もあります。

ホクロを見つけた時、念の為すぐに写真を撮ってサイズを測っておきました。

足の裏のホクロが珍しいなと不審に思い、Googleで調べて見たところ、大人になって日光に当たる部分にホクロが出来ることはよくあることでも、日光の当たらない足の裏にホクロが出来ることは珍しく、体の不調や悪性種メラノーマの可能性があるという記事を見たからです。そして、ホクロが徐々に大きくなるとメラノーマの可能性が高いらしい。

近くの皮膚科に予約

ホクロを発見してから、一週間ごとにサイズを測るようにしていましたが、特に大きさが変わっている様子もなくあまり心配していませんでした。が!病院で働く母から今すぐ病院で診てもらってこい!と毎度毎度電話で言われていたので、年末もすぐだし行ってみようってことで近くの皮膚科を予約しました。

皮膚科について詳しくなかったので、Googleでホクロのチェック出来る所「mole checkup near me」てな感じで調べて、レビューが高く家の近くのところを見つけて電話予約しました。私が行ったところは Dermatology という単語が入ったところでした。

調べている段階で、いくつか候補が出てくるかと思うので、そのクリニックのウェブサイトを見てから決めると良いかと思います。

電話した時11月半ばくらいでしたが、年末で忙しかったのか、予約できる日が一ヶ月先でした。改めて先延ばしにせず、思い立ったらすぐ予約しておくべきだったなと思いましたね(苦笑)

皮膚科を受診

予約する際に、足の裏のホクロが悪性かどうかチェックして欲しいとあらかじめ伝えていたのと、ホクロを除去できるとその皮膚科のサイトに書かれていたので、除去まで予約して帰ろうと思っていました。

が、いざ受診してもらうことになったら、大きな虫眼鏡のようなもので、ホクロを観察され(悪性かどうかは形が大きく左右されるためらしい)、サイズを測る、それだけでした。(え〜それだけ〜って感じだった笑)

元々ホクロ除去もしていたようですが、今はしていないらしく、除去してから検査に出すことも出来ないと言われてました。そして、悪性じゃないとも言い切れないから、除去して検査に出したほうがいいと形成外科を紹介してもらいました。その時点で12月半ば。ホリデーシーズンだから、年が明けて2月くらいに電話がいくと思うよと言われ、「また2ヶ月も待つんかい!」と心の中でツッコミを入れた私でした(笑)

形成外科から連絡

1月に入ってすぐ形成外科から連絡があり、2月に受診の予約をしました(思ったより早く連絡が来て驚いた)

最初の受診では、先生がホクロの様子を見て、ホクロ除去の方法や術後の過ごし方を軽く説明して、手術の予約を取って終わり。手術の予約を取るまで実感がなかったけど、ここで、術後の痛みへの恐怖が沸々と湧き上がってきました(笑)

手術当日

いよいよ手術当日です。その日は午後に手術だったのですが、大事を取って当日からお休みをいただきました。2、3日はお風呂禁止と言われ、出発前にシャワーを浴びて、いざ出発!

病院に着いたら、血圧を測られて、すぐに手術室へ。

手術の流れとしては、麻酔(麻酔というかホクロと周辺を凍らせると言ってた)→ ホクロの切り取り → 切断部分を縫合

この麻酔の注射?がめっちゃめちゃ痛かったです。

針をぶすっと刺されたかと思いきや、ぐりぐり動かされて、もう痛い痛い!!!って感じでした(笑)

その工程からは全く痛くなくて、何かされてる感はあるけど何も感じない不思議な感覚。縫われているときも、縫われている感はあるけど、痛くないので変な感じがしました。

手術自体は10−15分くらいで終わったと思います。

術後、ガーゼと包帯をしてもらって終了。足を地面に着けないように、2〜3日はなるべく足を高くしておいてねと言われて、片足ジャンプしながら帰宅。

この日は夫が送り迎えをしてくれたので、難なくお家に到着。

アフターケア

手術後に抜糸の予約をして帰りました。基本的に完治までは3〜4週間はかかるから、その期間はできる限り安静にするように、最初の1週間ほどは傷口が開く可能性があるから、極限まで会うかないでねとのことだったので、1週間は安静にしておこうと思った私は、手術の日を含めて一週間お休みをいただきました。

手術当日はまだ麻酔が効いていたからか、ただただ感覚が無いなといった感じ。

2〜3日目は移動する時、足を下にしているとジンジンと痛む感じ。

4日目〜 痛みが無くなってきました。傷口を軽く石鹸で洗い、極薄の厚さのヴァセリンを塗り、ガーゼと包帯 を抜糸する日まで毎日と指示があってそれを続けています。洗うときも特に染みませんでした。

手術後の1週間

手術後1週間の間ずっと家に居て 安静というなのダラダラ引きこもり生活 をしていたのですが、おかげで傷口も悪化せず傷が治る日もそう遠くない気がします。

無理して仕事に行っていたら、帰って回復が遅くなっていただろうと思うし、ゆっくり出来てよかったです。

この一週間は歩くことすら出来ていなかったので、改めて運動は大事だなと思いました。傷が治ったらジムに通わなくては!!!ここで宣言しておきます(笑)

終わりに

長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました!

抜糸も検査結果もまだなので、後々報告するかもしれないし、しないかもしれません(笑)

このほくろ除去の記事が少しでも誰かの役に立ったら嬉しいです。

また時間ができた時に記事を更新しようと思います😌

あじゃぬ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください